紫外線対策

桜子の過去の紫外線対策はもう恥ずかしいくらいいい加減でお粗末で考えなしもいいとこ!

今さらながら過去の自分に頭にくる。

 

一日外でテニスする時だって

 

顔は朝下地代わりに日焼け止めクリームを塗ったきり。

腕も脚もテニスコートでプレイの前に一度塗るだけ。

それだってテキトーな塗り方で今から思えば

耳とか

首の後ろとか

脇の下とか

まさにいい加減な塗り方。

 

これじゃあ後年体中にシミが出てくるわけよね。

 

ホント、おバカさんだった私。

あの一番テニスやってた頃今のようにシミ対策とかお肌のこととか、

まったく何も考えずにプレイしていた私。

 

拝啓20年前の桜子さん

もっとしっかり、きっちり紫外線対策しなさい!

と、叱ってやりたい。

 

ううううう~

タイムスリップしたい。

 

さてさて、本題の日頃の紫外線対策ですが、夏は紫外線を気にして日焼け止めクリームとか使うけど他の季節は特に意識しない

なんていう方がけっこう多いようですね。

でも実は紫外線対策は一年を通して必要なんです。

桜子のシミのような日光黒子の主な原因は紫外線ですが、肝斑や雀卵斑、炎症後色素沈着もすべて紫外線によって悪化します。

なので紫外線をカットしてくれるクリームは、年間を通して使用しましょう。

曇の日は見た目紫外線はなさそうですがこれがしっかり地上まで届いているんですよ。

油断できないですね!

最近はSPF値が高いものがたくさん販売されていますがどんなに紫外線の強い日でもSPFは30あれば充分です。
それ以上高くても効果は変わりませんしお肌への負担が高くなるだけです。

SPF値が40位上は実は必要ありません。

40を使うんだったら30を塗り直したほうが良いとかかりつけの皮膚科の先生にも言われています。

 

それではどのくらいのSPF値が必要かシーンでまとめてみました。

日常生活 5

ドライブ、軽い野外活動 10

炎天下のスポーツ、海水浴 20

熱帯地方での屋外活動 30以上

SPF値が50のものが女性の間で普通に使われていますがこれをみるとソコまでは必要ありませんね。
紫外線をカットするには、サンスクリーン剤を塗るのはもちろん、
常日ごろから保湿を心がけておくことも大事。

肌が乾燥しているとバリア機能が衰え、紫外線の影響を受けやすくなります。
なので肌の乾燥を防ぐため、洗顔の後はすぐに保湿を心がけましょう。

保湿って紫外線対策に繋がるんですねぇ。

過去アホな桜子はこんなお肌ケアの知識は皆無でした。

あの頃今の知識があればぁ~~~~~

 

でも、

どんなこともスタートラインはいつでも立てる!

今シミ取りのスタートラインに桜子は立っている!

幸せはいつもココにある♪

ブログランキングに登録しました☆
励みになりますので
ポチっとお願いします♪
↓↓↓
人気ブログランキング

にほんブログ村

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こんにちは!






テニスが趣味


長年紫外線の下でテニスを楽しんだお陰で
シミがてんこ盛りの顔と手の甲。
シミ取り絶賛挑戦中!
にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

ピックアップ記事

image

2015.1.22

ホワイトケアローションと10-YBローション

今日も錦織圭が勝って気分アップの桜子です。 ところで、 2015年はシミ消しに加えエイジングも始めたわけですが この↑ ↑ ↑ふた…

最近のコメント

ページ上部へ戻る