美白成分

私と主人のシミ取りを始めるにあたっていわゆる美白成分なるものはどんなものなのかお勉強した桜子です。

安易に美白成分が入っているからといって、なんでもいいってもんじゃないのね。ここでしっかりおさらいしときます。

 

美白成分は2つのタイプに別れます。

それは予防型と漂白型。

メラニンを作る過程を阻害することによりシミを作らせないようにする予防型」、直接できてしまったメラニンを淡色化させる作用がある「漂白型」があります。

 

コウジ酸 [予防型]
チロシナーゼ活性阻害(チロシナーゼが必要とする銅原子を奪うことによる)

エラグ酸 [予防型]
チロシナーゼ活性阻害(チロシナーゼが必要とする銅原子を奪うことによる)

ルシノール [予防型]
チロシナーゼ活性阻害(チロシンとチロシナーゼの結合阻害)

リノール酸 [予防型]
チロシナーゼ分解

カモミラET [予防型]
情報伝達物質エンドセリン抑制、メラノサイト活性抑制

トラネキサム酸 [予防型]
プロスタグランジン抑制、メラノサイト活性抑制

4MSK [予防型]
チロシナーゼの活性抑制

マグノリグナン [予防型]
酵素チロシナーゼの成熟を阻害

プラセンタエキス [予防型]
メラニン生成抑制作用以外に、角質融解作用、組織の代謝促進作用などがある。

ハイドロキノン [漂白型]
直接メラニンを淡色化させる作用があり、できてしまったシミを薄くする。

 

ということは、私と主人のようにすでにできてしまっているシミに効く美白成分はハイドロキノンだけってこと。

美白成分が入っている美白化粧品ならなんでも良いってわけじゃないのね!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こんにちは!






テニスが趣味


長年紫外線の下でテニスを楽しんだお陰で
シミがてんこ盛りの顔と手の甲。
シミ取り絶賛挑戦中!
にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

ピックアップ記事

image

2015.1.22

ホワイトケアローションと10-YBローション

今日も錦織圭が勝って気分アップの桜子です。 ところで、 2015年はシミ消しに加えエイジングも始めたわけですが この↑ ↑ ↑ふた…

最近のコメント

ページ上部へ戻る